5→9 ~私に恋したお坊さん~ 毎週月曜よる9時 EVERY MONDAY PM9:00 ON-AIR

エキストラでも出演中! リアルお坊さん“ドドん”石田芳道さんに聞く! お坊さんに関する素朴なギモン

お笑い芸人として活動しながら、お寺の長男としてお坊さんとしてのお勤めもする石田 芳道さん。「5→9 ~私に恋したお坊さん~」にも、レギュラーエキストラとして出演中です。そんな石田さんに、お坊さんに関するギモンをぶつけてみました! ※返答は、石田さんの見解によるもので、すべての宗派に当てはまるものではありません。

どうしたらお坊さんになれますか?

宗派によってさまざまですが、仏教系の学校を出て、お寺で修行をするのが一般的です。修行をして、どこかの和尚さまの弟子になることでお坊さんになれます。僕は、実家が寺なので、住職である父親の弟子ということになります。

兼業もできるのですか?

実際、お坊さんだけで食べていける人はあまり多くないと思います。平日はサラリーマンや、学校の先生をしながら、土日にお坊さんをやっているという方が結構います。お葬式は土日に入ることが多いですからね。ちなみに、僕のように芸人と兼業というのは珍しいと思います。

坊主にしなくてもいいんですか?

これも宗派によります。うちの寺の宗派では、剃髪が求められるのですが、長髪、茶髪、パーマがOKという宗派もあります。

お坊さんはいつも袈裟(けさ)を着ているのですか?

お寺では、袈裟か、作務衣(さむえ)か、改良衣(かいりょうえ)を着るのが一般的だと思います。袈裟は、お坊さんとしての勤めがあるとき、作務衣は掃除や作業のとき、改良衣は、お坊さんとしての外出用として分けられます。それ以外は、普通に洋服を着ることが多いと思います。

食事は精進料理ばかりなのですか?

精進料理は修行中にいただくもので、自分たちで作ることも修行となっています。修行を終えたお坊さんは、みなさんと同じ普通の食事をいただくのが一般的です。ドラマで、高嶺さん(山下智久)が精進料理を食べているのは、「修行僧と一緒に食事をしている」というシーンだからだと思います。宗派にもよりますが、修行を終えたお坊さんは、肉、魚、アルコールもOKという場合が多いようです。

高嶺のように滝行もするのですか?

修行も宗派によって違います。うちの宗派は、座禅、掃除、料理という日常的なことを修行にしているので、僕自身、滝行はやったことがありません。

最近はお坊さんブームといわれますが、ズバリ、モテますか?

実際、鎌倉時代以来のお坊さんブームだと思いますが、モテるかモテないかは、やはりその人の見た目によりますね(笑)。でも、僕がアルバイトをしている“坊主バー”でも、最近はお客さんの7割が若い女性ですし、そういう方から恋愛相談を受けることは増えた気がしています。

恋愛は自由にできるのですか?

できると思いますが、僕のように寺の長男となった場合、寺の嫁になってくれるような、檀家さんが認めてくれるような女性を意識してしまいますね(笑)。接客が多いですから社交的な方、書き物も多いので字がきれいな方は、自然といいなと思ってしまいます。

メッセージ

山下さん演じる高嶺さんのようにカッコいいお坊さんはいないと思いますが、よく見るとお坊さんの仕事はカッコいいです。僕も、父親が法要を仕切る姿を見て「カッコいい!」とよく思いますので、ドラマを通じてそんなカッコよさに触れていただければうれしいです。そして、ちょこちょこと映っている僕のことも、よろしくお願いいたします!